まな板シート

お弁当に便利

調理中の手際がアップ!ニオイ移りや汚れ防止にもなるまな板シートの便利な使い方

突然ですが、みなさんは調理中に何回まな板を洗いますか?
調理中に何度もまな板を洗って拭いてを繰り返すと、それだけで時間のロスになりますよね。
私はできるだけまな板を洗う回数を減らそうと、色もニオイもつかないキャベツなどの葉物野菜からはじまり、色が出る野菜、ニオイの出る野菜、最後にお肉というように段取りをしています。
それでもいつもうまく段取りできるわけではなく、途中で洗うことも・・・。
一番気になっているのがお魚やニンニク。これのニオイがまな板につくのは本当に困りものです。

そんな悩みを解決してくれたのが「まな板シート」です。
調理中に何度もまな板を洗う手間が省け効率もアップ!

汚れやニオイ移りを防ぐので洗う手間が減らせます

まな板シート

使い方は、まな板の上に置くだけ。これだけで汚れやニオイ移り、洗う手間を減らせます。
使い終わったら、燃えるゴミとして捨てることができます。
まな板の菌が気になる方にも、1枚敷くだけで安心ではないでしょうか。

ご注意いただきたいのは、素材がろう引き紙なのでそのまま敷いただけではまな板の上で滑ってしまい不安定です。
まな板の上で滑るのを防ぐために、一度まな板を濡らしてからまな板シートを置きます。
そうすることで滑りを防止できます。

その他の便利な使い方

まな板シートの使い方

食材を切るとき以外に私がよく使うのは、お肉の下ごしらえをするときです。
上の写真は「レンコンの豚肉巻き」ですが、レンコンをお肉で巻くとき、直接まな板の上でそれをやるとまな板を洗わなくてはいけなくなりますよね。
でも、まな板シートを敷いた上でやるとまな板を洗う必要がなくなります。
とんかつを作るときなども、まな板シートの上で筋を切ったり、たたいたり、塩・コショウすればまな板は汚れません。
調理までの一時置き場としてそのまま置いておくこともできるのでトレイなど用意する必要がなくなり、洗い物も少なくなります。

あと、私がよくやってしまうのが、後は盛り付けという段階で「トマトときゅうりを切るの忘れてたー!」です(笑)
すっかり片付いているのに「また、まな板を洗うことになるの・・・?」と思うとがっかりしちゃいます。
でもまな板シートがあるので、そんながっかりもなくなりました。

まな板シートの耐久性について

はじめのころ「食材ごとにシートを取り換えれば、一度もまな板を洗わずに調理ができちゃうかも」と思っていました。
でも実際に使ってみると、途中でシートが切れてしまうことに気づいたんです。

こちらの写真は、薄切り肉を細切りにしたときの様子です。

まな板シートの耐久性について

30回ほど包丁を動かしたところで切れ目が入り、58回で上の写真のように七夕のあみ飾りようになってしまいました。

玉ねぎ(中サイズ)1個をみじん切りにしてみました。
シートは破れることなく、最後まで切ることができました。

まな板シートの耐久性についての実験

いろいろ試してみてわかったのが、お肉など柔らかいものを切るときの『引き切り』に弱いことです。
ただし、包丁を動かす回数(まな板シートに包丁が当たる回数)が関係しています。

魚を三枚下ろしにする場合はまな板シートに包丁が当たる回数が少ないので破れたりはしません。
にんにくのように小さなものも大丈夫です。
同じ場所で切り続けないで位置を変えるという方法も、1枚を長持ちさせるコツです。

一度もまな板を洗わないで調理を終わらせようと欲を出したのは間違いでした(笑)
はじめに思っていたように「魚やニンニクのニオイがまな板につくのを防ぐ」という使い方が正解のようです。
というか、それが本来の使い方でしたね。

食材ごとにまな板を使い分けるという手もありますが、手軽に使えるまな板シートがあれば魚や肉、ニンニクなどを切るときにとても便利です。
まな板が汚れずいつでも衛生的に使えるし洗う手間も省けてラクチン。
「持っていてよかった!」と思える便利なキッチングッズです。

まな板シートの便利な点まとめ
●まな板へのニオイ移り防止になる
●肉や魚などに「下味をつけておくとき用」として使えば、まな板やトレイを汚さず便利
●切った野菜などをシートに乗せたまま鍋に移せて便利
●切った肉や野菜をそのまま乗せておけば、トレイ変わりになるので洗いものが減ります

まな板シートは「ベルメゾン」または「フェリシモ」で購入できます
●ベルメゾン⇒まな板カバーシート 90枚
●フェリシモ⇒フェリシモ 食材をどんどん切りたくなる 気分うきうきまな板シート〈オウ〉の会

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

スポンサーリンク

【広告】
【広告】

ピックアップ記事

  1. 焼き入れ不要!届いてすぐに使える「手入れのしやすさを考えた鉄製フライパン」
  2. ひとつは持っていたい!鶏肉の皮もスパッと切れる切れ味のいい包丁
  3. フッ素樹脂(テフロン)加工のフライパンを長持ちさせるためのコツ 私が気を付けてい…
  4. 忙しい主婦の強い味方!半調理状態で届くイエコックのカット野菜 お届け状態や上手に…
  5. 底栓付だから水抜きラクラク 手洗い・つけ置き用のおしゃれな洗い桶「マミーウォッシ…

関連記事

  1. OXOポップコンテナ

    キッチン

    OXO ポップコンテナ(保存容器)

    OXOポップコンテナは片手で蓋の開閉ができる、密閉性の高いドライフード…

  2. ルクエスチームケースで作るチョコレートケーキ

    キッチン

    ルクエ・スチームケースレシピ「6分で作るチョコレートケーキ」

    ルクエスチームケースでチョコレートケーキを作りました。材料を入れて…

  3. キッチン

    クイジナートミニプレッププロセッサーで自家製ひき肉を作ってみました

    いつも手元に置いてあるので、何か作りたくなってしまうクイジナートミニプ…

  4. 11人の料理上手が作る美味しいと言ってもらえるお弁当

    お弁当に便利

    Kaboのレシピが掲載されたお弁当のレシピ本が発売になりました

    昨年末、Kaboのレシピが掲載されたレシピ本(電子書籍)が発売になりま…

  5. 真空パックマシン ピタント

    キッチン

    鮮度を長持ちさせたい作りおきのおかずや生鮮食品の保存には真空パックがおすすめです

    肉や魚などは鮮度の良いものを使うのが理想ですが、毎日買い物へ行くのは大…

  6. キッチン

    汚れない散らからない!「プレイスマット」はフライの衣をつけるときの便利アイテムです

    とんかつ、海老フライなどの揚げ物を作る時、小麦粉、卵、パン粉と用意する…

ベルメゾンネット

最近の投稿

  1. ダンスク アラビア ランチョンプレート
  2. シリコーンスプーン
  3. カットバリア(まな板)
  4. ブーランジュリー ふくらむ魔法の冷凍パン生地クロワッサン
  1. 燕三条お手入れ簡単な鉄のフライパン

    キッチン

    焼き入れ不要!届いてすぐに使える「手入れのしやすさを考えた鉄製フライパン」
  2. ティファールのフライパン お知らせマーク

    キッチン

    フッ素樹脂(テフロン)加工のフライパンを長持ちさせるためのコツ 私が気を付けてい…
  3. 切れ味抜群のギザ刃包丁(ベルメゾン)

    キッチン

    ひとつは持っていたい!鶏肉の皮もスパッと切れる切れ味のいい包丁
  4. お掃除

    アルカリ電解水とセスキ炭酸ソーダの違いはズバリ!汚れを落とすパワーと除菌ができる…
  5. ぶんぶんチョッパー

    キッチン

    みじん切り8秒の「ぶんぶんチョッパー」は電気を使わないので手軽に使えます
PAGE TOP