【特集】トースターパンの特徴とレシピ

トースターパン

煮る、焼く、炊くの調理ができるマルチ調理鍋「トースターパン」をご紹介します。材料を入れてオーブントースターで焼くだけで本格調理も可能。蒸し焼きするので、お肉はふっくら柔らかく焼き上がります。調理中は放ったらかしでいいので、ご飯の用意がグンとラクに!お弁当作りにも重宝しています。

使い方としては電子レンジで調理するシリコンスチーマーとよく似ていますが、シリコンスチーマーとトースターパンの一番の違いは「焼き」の美味しさを再現できるということ。フライパンで調理しているお料理ならほとんどトースターパンでの調理が可能です。
蒸し焼きするので食材のうま味が生かされ、少量の調味料でもしっかり味がつきます。
内側はフッ素樹脂加工されていてこびりつかないので、油は少量でOK。ヘルシー調理ができます。

トースターパン記事一覧

スポンサーリンク

最近の投稿

  1. ブーランジュリー ふくらむ魔法の冷凍パン生地クロワッサン
  2. セスキ炭酸ソーダと電解水の中間「炭酸ソーダ」
  3. 夏のお弁当作り 食中毒予防
  4. アイロンミトン
  1. ティファールのフライパン お知らせマーク

    キッチン

    フッ素樹脂(テフロン)加工のフライパンを長持ちさせるためのコツ 私が気を付けてい…
  2. 切れ味抜群のギザ刃包丁(ベルメゾン)

    キッチン

    ひとつは持っていたい!鶏肉の皮もスパッと切れる切れ味のいい包丁
  3. ぶんぶんチョッパー

    キッチン

    みじん切り8秒の「ぶんぶんチョッパー」は電気を使わないので手軽に使えます
  4. お掃除

    アルカリ電解水とセスキ炭酸ソーダの違いはズバリ!汚れを落とすパワーと除菌ができる…
  5. 燕三条お手入れ簡単な鉄のフライパン

    キッチン

    焼き入れ不要!届いてすぐに使える「手入れのしやすさを考えた鉄製フライパン」
PAGE TOP