充電式湯たんぽでぬくぬく

家電

お湯を使わないから準備が簡単・朝までぬくぬく~ 私が手放せない充電式湯たんぽ

今日は2年ほど愛用している充電式の湯たんぽをご紹介します。
この充電式の湯たんぽを使うようになってからは足が冷えて寝付けないといった心配がなくなったし、朝まで気持ちよ~く眠れるようになりました。
充電式なのでお湯を沸かす手間がなく準備も簡単。
本体が柔らかいので、腰や肩などでも身体に添うように密着する点も気に入っています。

充電式湯たんぽ ネコのアップリケ付き

「充電式のぽかぽか湯たんぽ」はベルメゾンで購入。
ネコのアップリケにもすっかりやられてしまい(笑)即決でした。

充電式のぽかぽか湯たんぽはこんなセットで届きます

蓄電式湯たんぽセット

蓄熱充電式のぽかぽか湯たんぽ(1回お届け)
●本体(蓄熱剤)
●保温カバー
●蓄熱プラグ
●取扱説明書

蓄熱材入りの本体はこちら(保温カバーを外した様子)。

充電式湯たんぽ カバーを外した様子

蓄熱材は水溶液なので本体は柔らかく、脚やからだにフィットしてくれるし、抱っこもしやすいです。

20分の充電で6時間あたたかさをキープ

使い方は、蓄熱プラグを本体に差し込むだけです。
約20分で充電が完了し、約6時間あたたかさをキープします。
実際に使ってみるとそれ以上の時間というか、お布団に入れている間はずーっとあたたかいので、朝も気持ち良く目覚めることができます。
お布団の中に入れてさえいれば、本体が冷たくなることはありません。

充電式湯たんぽの準備

充電中は蓄熱ランプが点灯。ランプが消えたら蓄熱充電は完了です。
※オン、オフのスイッチはありません
使用の際は蓄熱プラグを抜きます。

充電式湯たんぽ 充電中はランプが点灯

強・弱の蓄熱温度切り替え機能が付いていて、強なら充電時間が約20~25分で表面温度が約60℃に。
弱なら充電時間は約10~15分で表面温度が約40℃になります。
厚みのあるカバーをかけるので、触って熱いと感じることはありませんよ。

充電式湯たんぽ 充電時間と温度

20分の充電時間って長そうですが、お風呂上がりにドライヤーをかけたり顔のお手入れをしていたら充電が完了しています。
その後お布団の中に入れておけば、寝るときにはお布団がポカポカになっています。

はじめは冷えた足を温めようと足元に置いて使っていましたが、お腹の上に置いておく方が足先まで温まることを発見してからは抱っこして寝ています。
それからは足が冷えてなかなか寝付けないということがなくなりました。

「弱」の場合は約40℃の温かさなんですが、自分の体温よりは高いのでしっかりぬくもりを感じることができます。
この温度がとにかく気持ちよく「ぬくぬく~」という言葉がピッタリです。

充電式湯たんぽのおすすめポイント
●準備がラクちん
●ちょうどいいぬくもり温度
●柔らかいので身体に添って密着する
●朝までポカポカ

充電式のぽかぽか湯たんぽはベルメゾンで購入できます

iconicon
蓄熱充電式のぽかぽか湯たんぽ(1回お届け)

セット付属のカバーのデザインが変更になっていますが、今日ご紹介した黒猫アップリケのカバーは単品での購入が可能です。
カバーのみ⇒蓄熱充電式のぽかぽか湯たんぽ用カバー(1回お届け)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

スポンサーリンク

【広告】
【広告】

関連記事

  1. お洗濯

    冷まさなくても収納OKなアイロンバッグ

    ティファールのアイロンを入れておくためのアイロンバッグ(ケース)。熱い…

  2. Ag+ イヤなにおいのしない布巾

    キッチン

    銀イオンでしっかり抗菌!100回洗っても臭くならないフキン

    毎日使うフキンはいつも清潔にしておきたいと思いますよね。気になる臭…

  3. クイジナートミニプレッププロセッサーで玉ねぎのみじん切り

    キッチン

    クイジナート ミニプレッププロセッサーなら玉ねぎのみじん切りがたったの10秒!(動画)

    クイジナート(cuisinart)ミニプレッププロセッサーを使えば玉ね…

  4. クイジナートミニプレッププロセッサーで手作りバター
  5. ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーで作ったワッフル

    キッチン

    Vitantonio(ビタントニオ)ワッフル&ホットサンドベーカーでワッフルを作りました

    ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーでワッフルを作りました。…

  6. キッチン

    クイジナートミニプレッププロセッサーで自家製ひき肉を作ってみました

    いつも手元に置いてあるので、何か作りたくなってしまうクイジナートミニプ…

最近の投稿

  1. 軽くなった鋳物ホーロー鍋
  2. 充電式湯たんぽでぬくぬく
  3. 2018年 新年のご挨拶
  4. 圧力鍋で作る黒豆のレシピ
  5. 真空パックマシン ピタント
PAGE TOP