キッチン

クイジナート(cuisinart)ミニプレッププロセッサーの特徴や使い方を詳しくご紹介します

手のひらにちょこんと乗るコンパクトサイズの「クイジナートミニプレッププロセッサー」。
セット内容、特徴、使い方などを詳しくご紹介します。

日常使いにピッタリなコンパクトサイズ
片手でラクラク持てちゃう軽さなので扱いやすいく、小量の下ごしらえに最適です。
場所を取らないコンパクトさなので出しっ放しでも邪魔になりません。
正直「こんなに小さくってパワーのほうは大丈夫?」って思っていたんです。
でも使ってみてビックリ!
とても快適に使えるフードプロセッサーでした。

クイジナート(cisinart)ミニプレッププロセッサーのセット内容

クイジナート ミニプレッププロセッサーは使い方に迷わないシンプルなセットになっています。

クイジナートミニプレッププロセッサーのセット内容

セット内容
●モーターベース(本体)
●ワークボール(容器)
●ボールカバー(蓋)
●メタルブレード(刃部分)
●スパチュラ
●取扱説明書+クッキングブック

刃はメタルブレードひとつです。
モーターベース(本体)以外は、すべて外して洗うことができます。
洗うのは容器、蓋、刃の3点だけなのでお手入れも簡単。
(耐熱温度は80℃。食器洗い乾燥機での使用は微妙なので手洗いしています。)
クッキングブックにはプレッププロセッサーの特徴を生かした24種類のレシピが掲載されています。

クイジナート(cisinart)ミニプレッププロセッサーの使い方

スイッチは「LOW」と「HIGH」の2種類があり、このボタンを押している間だけ連続運転します。

クイジナートミニプレッププロセッサーのボタン操作方法

「LOW」ボタンを押したり離したり断続的に押すことで、材料を混ぜながら切る調理ができます。
この断続運転は、玉ねぎなど水分が多く出る食材のみじん切りに適しています。
ペースト状にする時は「HIGH」で連続運転します。

ペースト状にするときは「HI」で連続運転します。
茹でた野菜などをトロトロにするするのはこちらのボタン。
離乳食作りにもピッタリです。
私がよく作るのはバナナジュース。
バナナを適当な大きさにちぎって、ヨーグルト(または牛乳)を一緒に入れるだけ。
20秒でヨーグルトバナナの出来上がり。

材料の例 量と目安・時間
クイジナートミニプレッププロセッサーの材料の例 量と目安・時間

ドレッシングも1分かからずに作ることができます。
ドレッシング作りに便利なのが蓋に開いた小さな穴です。

クイジナートミニプレッププロセッサーのフタに開いた穴

この穴からサラダ油を注ぎ入れることができるのがとても便利です。

女性でも片手で持てるかわいいサイズ

サイズは、幅110mm×奥行150mm×高さ200mm。
重さはたったの1㎏!女性でも片手でヒョイと持つことができます。

クイジナートミニプレッププロセッサー 片手で持てるコンパクトサイズ

キッチンのちょっとしたスペースに置ける大きさなので場所をとらないし、使用中も邪魔になりません。

クイジナートミニプレッププロセッサー サイズ感

長さ1.2mのコードは底部分に収納できるようになっています。
コードって結構邪魔になりますからね。束ねたりするのは面倒だし。
本体に収納できるので、すっきりと片付くところも助かります。

クイジナートミニプレッププロセッサー コードは底面に収納

安全に使える仕様になっています

蓋がしまっていない状態で、間違ってスイッチを押してしまったらとても危険ですよね。
中身が飛び散っちゃうし・・・
でもクイジナートプレッププロセッサーは、どこかが開いた状態では決してモーターは作動しません。

クイジナートミニプレッププロセッサーの安全ロック機能
クイジナートミニプレッププロセッサーの安全ロック機能

蓋をきちんとセットすることで安全ロックが解除され、スイッチが押せる状態になります。
きちんとセットできていない場合は、いくらスイッチを押しても動きません。

クイジナート(cisinart)ミニプレッププロセッサーの苦手な食材

パワフルなフードプロセッサーではありますが、固い食材や粘りの強い食材など使えない場合もあるのでご注意ください。

固い食材
冷凍食品、コーヒー豆、大豆、ハードチーズ、サラミソーセージなど
粘りの強い、または粘りの出る食材
長いも、マッシュポテト、つくねいも、パン生地など
繊維質の多い食材
生の豚肉
※牛肉、鶏肉(皮を除く)はミンチにすることができます。

ミニサイズということで、“4~5人分の材料を一度に”というわけにはいきませんが、下ごしらえには十分!
毎日のお料理作りの中でちょっと使えるという点が便利なんです。
離乳食作りにフードプロセッサーを利用される方も多いと思いますが、大きさも使い勝手もピッタリだと思いました(そういえば私も離乳食作りにはこれくらいの大きさのフードプロセッサーを使っていました)。
我が家の場合は、いつでも手軽に使えるフードプロセッサーとして、お料理やお菓子作りに活躍しています。

クイジナート(cuisinart)ミニプレッププロセッサー記事一覧

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

スポンサーリンク

【広告】
【広告】

関連記事

  1. お弁当に便利

    卵1個で玉子焼き「シリコンリング」があれば手持ちのフライパンで作れます

    手持ちのフライパンに置くだけでフライパンに仕切りを作り、卵1コで厚みの…

  2. キッチン

    クイジナートミニプレッププロセッサーで自家製ひき肉を作ってみました

    いつも手元に置いてあるので、何か作りたくなってしまうクイジナートミニプ…

  3. キッチン

    OXO(オクソ)Y字ピーラー ジャガイモ30個の皮むきをしても手が痛くならなかった!

    OXOのグッドグリップス・シリーズは本当に使いやすいんだなと実感したY…

  4. ダスキン台所用スポンジ抗菌タイプ

    キッチン

    一度使うとやめられないと評判の「ダスキンスポンジ抗菌タイプ」3ヶ月使ったらこうなりました

    年間出荷数が1000万個以上!「一度使うとやめられない」と評判のダスキ…

  5. キッチン

    リネンのキッチンクロス(fog notebooks)

    使えば使うほど、しなやかに素材の良さが増してくるリネン。一度使うとやめ…

  6. vivシリコンスチーマー

    お弁当に便利

    viv(ヴィヴ)シリコンスチーマー“クアトロ”の特徴

    viv(ヴィヴ)シリコンスチーマーの使い勝手はどうなのか? 大きさは?…

最近の投稿

  1. 軽くなった鋳物ホーロー鍋
  2. 充電式湯たんぽでぬくぬく
  3. 2018年 新年のご挨拶
  4. 圧力鍋で作る黒豆のレシピ
  5. 真空パックマシン ピタント
PAGE TOP