料理・手作りパン・お菓子

ローズの生チョコ

簡単に作れる“生チョコ”は、定番の四角いカタチ以外にも、ハートやローズの型を使うことでいろいろなカタチに作れます。型離れのいいシリコン製の型を使えば、形を崩す心配もありませんよ。


ローズの形をした生チョコの作り方

【材料】
・製菓用チョコレート 200g
・生クリーム 大さじ6
※私がいつも生チョコに使用する製菓用チョコレートは、カレボー3815ヴァローナ フェーブ アラグアニ  などです。

【作り方】
1.生クリームをボウルに入れ、湯せん(80℃)にかけます。生クリームが温まったらチョコレートを入れて、きれいに溶かします。

2.チョコレートが溶けたら湯せんからはずし、ボウルの底を冷水につけて(冷水をはったボウルにチョコレートの入ったボウルを入れます)ヘラでねっとりするまで(マヨネーズ状)よく混ぜます。
※ここで、お好みで洋酒を小さじ1ほど入れてもOK

3.シリコーン製のローズ型に2のチョコレートを入れ、冷やし固めます。

シリコーン製の型は「型離れ」が良いので、ローズの形を崩すことなく型から外すことができます。
大きさはかわいい一口サイズです。

他にも、こんな型を使えば・・・

こんなチョコレートも作れます。

HFY シリコーントレー16個取り(ハート)
シリコーンマルチプレート クイーンハート(10個取り)レシピ入

シリコーン製チョコレートモールドを探す
シックなブラウンがおしゃれ⇒無印良品 シリコーンツール
シリコマート製品ならこちら⇒シリコマート チョコレートモールドを楽天市場で探す

シリコンーン製ハートの型を探す
シリコーン製ハートの型を楽天市場で探す

生チョコにおすすめの製菓用チョコレート
生チョコやトリュフはチョコレート選びが大切です。味はもちろんですが、口溶けのよさもポイントです。
私がよく使うのは、カレボー3815ヴァローナ フェーブ アラグアニ  など。
ヴァローナ フェーブ カラク 、ビターな味わいのヴァローナ フェーブ アラグアニもおすすめ。

【広告】
【広告】

関連記事

  1. クイジナートミニプレッププロセッサーで玉ねぎのみじん切り

    キッチン

    クイジナート ミニプレッププロセッサーなら玉ねぎのみじん切りがたったの10秒!(動画)

    クイジナート(cuisinart)ミニプレッププロセッサーを使えば玉ね…

  2. キッチン

    クイジナート(cuisinart)ミニプレッププロセッサーの特徴や使い方を詳しくご紹介します

    手のひらにちょこんと乗るコンパクトサイズの「クイジナートミニプレッププ…

  3. キッチン

    ホワイトソースを作るならbamix(バーミックス)が断然ラクで便利です

    手作りのホワイトソースもバーミックスなら短時間で、しかもなめらかに出来…

  4. ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーで作ったワッフル

    キッチン

    Vitantonio(ビタントニオ)ワッフル&ホットサンドベーカーでワッフルを作りました

    ビタントニオワッフル&ホットサンドベーカーでワッフルを作りました。…

  5. トースターパンで作る鶏肉と野菜のチーズ焼き

    キッチン

    トースターパンで鶏肉と野菜のチーズ焼きを作ってみました

    トースターで本格調理ができる「トースターパン」で鶏肉と野菜のチーズ焼き…

  6. キッチン

    bamix(バーミックス)なら手作りドレッシングが1分で完成(動画)

    手作りドレッシングもバーミックスならたったの1分で完成!手作りドレッシ…

最近の投稿

  1. 軽くなった鋳物ホーロー鍋
  2. 充電式湯たんぽでぬくぬく
  3. 2018年 新年のご挨拶
  4. 圧力鍋で作る黒豆のレシピ
  5. 真空パックマシン ピタント
PAGE TOP