家事が変わる本当に使える道具選び

主婦歴27年雑貨好きKaboが家事を効率的こなすための道具とコツ、暮らしに役立つ情報をご紹介

Home » キッチン » お弁当に便利 » この記事

白身と黄身がみごとに混ざる!生卵かきまぜ専用スティック「まぜ卵」

まぜ卵生卵の白身を切って、ドロっとした食感を解消してくれる、生卵かきまぜ専用スティック「まぜ卵(まぜらん)」をご紹介します。わざわざ箸で切るように切らなくても、本当に切ってしまえばいいという発想の転換!なくても困らないものですが、あると便利なキッチンの時短グッズです。

まぜ卵(まぜらん)

これを使いはじめたのは、長男が高校生になったばかりの頃です。
少しでもお弁当作りの時間を短縮できる便利グッズはないかなと思っていたときに見つけました。
生卵をかき混ぜるだけの道具・・・というか、生卵をかき混ぜるのに特化した道具です。

使い方は、ボウルなどに生卵を割り入れ、白身を切るようにかき混ぜるだけです。
白身を切るように動かすだけで、なめからな溶き卵が完成します。
卵を混ぜるのであれば菜箸やフォークでもできますが、菜箸で混ぜるのに比べて格段にスピーディー。朝の忙しい時間にはとても便利。また、かき混ぜすぎないから卵が白っぽくならないので、黄色い鮮やかな玉子焼きが作れますよ。フォークのように器に傷をつける心配もありません。

まぜ卵(まぜらん)で溶いた卵

短時間で黄身と白身がキレイに混ぜ合わさる秘密は、棒の先についた金属刃。
この野菜の皮むきのような金属刃が白身を切ってくれるからなんです。
(※先っぽの丸いところは、器を傷つけないためのものです)
だいたい10秒ほど動かせば黄身と白身がキレイに混ざり合います。

まぜ卵の刃

黄身と白身がキレイに混ざると、かき玉汁もきれいにできます。
茶碗蒸しを作る時にも、泡を立てずに卵を混ぜられて便利。
あとはパンを作るとき。最後につや出し用の卵をハケで塗るのにも、よく混ざった卵は使いやすいです。

そしてなんと言っても卵かけご飯!
ご飯と卵が滑らかに絡まるので、白身のドロっとした食感が苦手な方にもおすすめです。

刃の端の方には「カラザ」をとるためのくぼみがついています。

まぜ卵カラザ取り

ここを使うとカラザが簡単に取れるということだったんですが、やってみると難しく時間もかかるので結局断念。
私が不器用すぎるのか?と思っていたのですが、卵を溶いていると、このくぼみにカラザが自然に絡まってくるじゃないですか!あんなに頑張らなくてもよかったんですね。

なくても困らないものですが、持っているとかなり便利な時短グッズ。
いまではなくてはならない必須アイテムになっています。

「まぜ卵」はこちらで購入できます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書く







コメント内容




検索

新着記事

カテゴリー

特集ページ

画像
お料理の腕がグンと上がります!

画像
まさにユニーバーサルデザインのお手本!

画像
かたまり肉も短時間でホロホロに

画像
世界中で愛されるハンディフードプロセッサー

画像
手軽に使えるミニフードプロセッサー

画像
トースターで本格調理!

画像
手軽におやつ作り♪

画像
短時間で本格的料理からおやつ作りまで!
お試しレビューやおせち料理の比較・検索 お掃除の時短グッズと便利アイテム 口コミ、料金の比較、年賀状のマナーなど
スポンサーリンク


ベルメゾンネット





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

ブログランキングならblogram

リンク
オレンジスカイの興味津々
湘南天然生活