家事が変わる本当に使える道具選び

主婦歴27年雑貨好きKaboが家事を効率的こなすための道具とコツ、暮らしに役立つ情報をご紹介

Home » お掃除 » この記事

ほうき1本をプラスするだけでいつものお掃除がもっと簡単になります

部屋の隅っこ、家具の裏、冷蔵庫の隙間もスルリと入り込めるほうきなら、手間無く汚れを掃き出してくれます。あとは掃除機で吸い込めばすっきりサッパリ!簡単しかも丁寧な掃除が可能になります。


すみっこのゴミをかき出すのが得意です
掃除機を出すまでもない時や、子どもの食べこぼしなどの部分掃除にも活躍。「すき間ノズル」の仕事もしてくれるので、掃除機を使う前に隅の汚れをかき出しておけば『四角い部屋を丸く掃除しても』きれいになります。

REDECKER(レデッカー)赤い柄のほうき

私が愛用しているほうきはREDECKER(レデッカー)社の赤い柄のほうきです。
子どものお手伝い用として作られたほうきらしいのですが、この大きさがとても使いやすかったです。
さらに、見た目にもかわいらしいので、廊下にかけてあってもちょっとしたインテリアのようになるところがポイントです。

掃除が面倒な時こそ使ってほしい!

私は掃除機を出すのが面倒だなと感じる時があります。
納戸から出して、ホースなどをセットし、コンセントにつなぎ準備完了。そして部屋を移動する際にはコンセントをつなぎなおす必要もあります。さらに気になる隅の方の汚れを掃除するためにノズルをつけ替えたりもします。
掃除をするために、こんなにいろんな動作をしなくてはいけないんですね。

時間のあるときや、「今日は掃除するぞー!」と気合たっぷりの時はいいのですが、そうじゃない時もあります。
そういう時はフロアモップで済ませちゃえばいいのですが、それだけではやはりきれいは長続きしません。
もちろん、ほうき1本で掃除機以上の掃除ができるとは思っていませんので、「面倒だけど隅々まできれいにしたい」という時に、掃除機+ほうきでスッキリと部屋をきれいにするというお話になります。

掃除機が入らない隙間もほうきならスルリと入ります

掃除しても!しても!すぐにホコリが出てくるという時は、家具の下や裏からホコリが出てきてしまっているのかもしれません。
掃除機の隙間ノズルで吸い取ればいい事なのかもしれませんが、家具の背や冷蔵庫の側面についたホコリまで取るとなると、かなり大掛かりになりますよね。
でもほうきなら、ササッとなでるだけでホコリを落とすことができます(長さがある分、奥の方まで届きますしね)。
下に落ちたホコリはまたほうきでかき出し、最後に掃除機で吸い取ってしまえばOK。
大掃除のようなことも、ほうき1本あれば普段の掃除で出来てしまうのです。

段差や隅っこも得意です

手軽に掃除をするならフロアモップも便利な道具です。
でも引き戸のレール部分の段差や、幅木(壁の一番下についてる薄い板)、部屋の角に残っている汚れを取るのは苦手ではないでしょうか。
ほうきはそういう所の掃除も得意です。
はじめにそういった所の汚れを掃き出しておいてから掃除機をかけると、極端な話し『四角い部屋を丸く掃除しても(掃除機をかけても)』きれいになるのです。
サッシの溝の掃除も可能です。

階段掃除がラクチンです

掃除機を使っての階段掃除って大変じゃありませんか。
重い掃除機を持っての移動は危険を伴うこともありますしね。
そういう時こそ、ほうきが便利です。
フロアモップではキャッチしきれない角の汚れも、ほうきならかき出すことができます。
玄関までつながっているなら、そのまま掃き出してしまえるし、そうじゃない場合も一番下でゴミを集めるだけで終了です。

このように、ほうき1本持っていれば、いろいろな場所の掃除が可能な上、掃除機をかけながらノズル交換をする手間も省けるのです。
もちろん、ちょっと気になった時のお掃除にも便利です。

REDECKER(レデッカー)赤い柄のほうきについて

はじめにも書きましたが、私が愛用しているのはドイツREDECKER(レデッカー)社の赤い柄のほうきです。
全長は80㎝。子どものお手伝い用として作られたほうきなんだそうです。
少し短めですが、これくらいの長さのほうが扱いやすかったりします。
腰をかがめなくても床を掃ける長さです。

柄の部分に皮ひもが付いているので、かけておくのにも便利。
全長80cm+皮ひもで、ドアノブにかけても床に着かない程度の長さです。

もう少し長めの柄が好みなら、全長110㎝、136cmというのもあります。

こちら↓は136cmタイプ。※柄は赤色ではありません

REDECKER ライスストローほうき(136cm)

1本1本手作りされたほうきは、赤い柄がかわいくレトロな感じもおしゃれ。
出しっぱなしにしておけるお掃除アイテムです。

ほうき部分は、い草より太くコシがありシュロよりしなやかな天然素材の藁(ライスストロー)を使用。

もっと柔らかいブラシ毛がお好みなら、馬毛使用のほうきがおすすめ。
値段は高くなりますが、扱いやすさは抜群で、家具や壁を傷づける心配もありません。
[REDECKER/レデッカー]お洒落なダストパンセット(ほうき、ちりとり)


※写真はレデッカー馬毛使用のハンドブラシになります
[REDECKER/レデッカー]お洒落なダストパンセット(ハンドブラシ、ちりとり)

REDECKER(レデッカー)社とは
ドイツを拠点に、様々なカテゴリーに及ぶ生活用品を提案する1936年創業の老舗。
REDECKER(レデッカー)社の製品は、全て天然素材を使用した手作りで、デザインはあくまでシンプルで機能的。木のやさしいぬくもりがドイツらしいセンスを感じます。

販売店:葉山セレクト-Innocence
葉山セレクトさんは、レデッカー正規輸入代理店です。レデッカーのブラシを多数取り揃えています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

スポンサーリンク

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを書く







コメント内容




検索

新着記事

カテゴリー

特集ページ

画像
お料理の腕がグンと上がります!

画像
まさにユニーバーサルデザインのお手本!

画像
かたまり肉も短時間でホロホロに

画像
世界中で愛されるハンディフードプロセッサー

画像
手軽に使えるミニフードプロセッサー

画像
トースターで本格調理!

画像
手軽におやつ作り♪

画像
短時間で本格的料理からおやつ作りまで!
お試しレビューやおせち料理の比較・検索 お掃除の時短グッズと便利アイテム 口コミ、料金の比較、年賀状のマナーなど
スポンサーリンク


ベルメゾンネット





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

ブログランキングならblogram

リンク
オレンジスカイの興味津々
湘南天然生活